ぽろりの不思議な日常

天眼を持つ同居人「ぽろり」との、愉快で不思議な日常を記していきます。

このブログは、ぽろりの不思議な世界を描いています。 正しいとか、間違っているとかではなく、 ファンタジーなお話だと思って読んでいただければありがたいです。

《日本書紀》によると、
崇神天皇六年、
皇祖 天照大神(神璽の八咫鏡)と日本大国魂神草薙剣は磯城瑞垣宮(しきみずがきのみや)を営まれた第十代崇神天皇の御代まで天照大神の宝鏡奉斎の御神勅の随に宮中(天皇の宮殿)にて「同床共殿」にてお祀りされていました。
崇神天皇の御代のはじめ、国内に疫病が多く国民の大半に及び、また国政に逆らったり離れて行く者が続出し、の情勢は悪化する一方でした。天皇は大変憂慮せられ、朝夕に神祇にご祈念されましたが、国情は益々由々しくなる様相に、 天皇はついに、神のご神徳の大きさを畏れられ、二神をより良い地へお還しすることになりました。

その御杖代として、天照大神は豊鍬入姫命(とよすきいりひめ)に、

日本大国魂神は渟名城入姫命(ぬなきいりひめ)その任務を託しました。

 

日本大国魂神は大和神社(奈良県天理市)に祀られています

豊鍬入姫命初代齋王は、

天照皇大御神にふさわしいご鎮座を求めて

宮中から天照皇大御神と共に各地へ旅に出ます。

その任務は

途中で倭姫命(やまとひめ)に託され、

倭姫命によって今の伊勢の神宮に鎮まられました。

伊勢に鎮座するまでの25か所の地を「元伊勢」と呼んでいます。<とあるサイト引用>

図1


ここからまた、ぽろりの妄想だけどね、

元伊勢巡りの意味とは、

宇宙神であるアマテラスを太陽神にして

各地を巡行をしながらアマテラスを封じ込めて 慣らしていったから。

鏡の中にいることに。。。

 

鏡に封じ込めて、鏡が急に割れて出てくるか来ないかを何十年も試して、

封印は成なされたとして、伊勢神宮におさめられた。

 

鏡をいっぱい作った理由は封印しても出てくるから。

入れる人も、たぶん巫女が、自分の体に落として鏡に入れているのだと思う

伊勢神宮の斎宮は天皇の皇女。

天皇は自分が鏡に封印しろと決めたから、
神を封印して使ったから、後ろめたかった。

あんまり伊勢にはいきたくなかった。(以降明治天皇まで約1000年ほど伊勢には参拝していない)


明治時代になって、海外からの文化が入ってきた。

明治天皇は人間の教育に力を入れていた。

人間力を上げることで、もしも鏡からアマテラスが漏れて、宇宙に帰ったとしても、
人間力があれば人間がどうにかできるのではないかと。

人間も、そこそこ強くなったという気持ちがあるから伊勢に行けるようになった。

もう少し我慢してくださいねとお詫びができるようになった。
それまでは、祟られるという怖れしかなかった。


太陽から放たれたアマテラスは、

宇宙神として残るから、国単位ではなく、
地球という星単位になる

地球全体の守り神「宇宙神」

3回に分けて書きました。
ここまでが3/29に、ぽろりがアウトプットした話です。


桜が満開の中、雪がたくさん降りました。

そして翌日、ぽろりが言ったの

「むーちゃん。完全に時代が変わった!!」



人間(地球)時間から宇宙時間になります😃
「地球は、やっと銀河系宇宙に参加する。」
というメッセージを受けた。
なるほどね、だから今 アマテラスが、動いた😃



思考世界から波動世界になる\(^^)/



 ぽろり曰く:

これからは、精神性が世界を作ります。

それが確立されるまで、世界規模での一旦停止。

そういう時代になりましたよというと、

人間はああそうですか、となる

でもそれが「常識」になるのは、

今から100年くらいかかる


長年培われた習慣は

簡単に変わりませんという、

人間の特徴だ

だから、100年かかる

 

どうしてそんなにかかるのかというと、

脳みそに頼っているから

感覚に頼ると、その場のエネルギーを読める、
なんか違うぞと

脳みそに頼るから、なんか違うと思っても、
先月もこうだっただから、今月もこうでいいという習慣に頼る

 

早く時代が変わって、生きやすい時代にしたいんだったら


たまに思考力を止める(思考を追いかけるのをやめる)

感じながら生きる(今の感覚や感情)

感じたものが社会性に合うかどうかを、客観的に考える

エゴが必要かどうかの見直しを、客観的にする


とっとと、そうしないと

変わらんよ!時代は。。。

無理やりでも感じることだよ!

ですって。


最後はタイトルと違う話になったけど、ここ大事!!

 






※ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただければ嬉しいです。


チャネリング ブログランキングへ


このブログは、ぽろりの不思議な世界を描いています。 正しいとか、間違っているとかではなく、 ファンタジーなお話だと思って読んでいただければありがたいです

mixiチェック

太陽はコロナ

コロナを割った後に何が出るのかな

悪しきものが出るのかよきものがでるのか

 

コロナが蔓延しているということは、太陽自身の殺菌能力が落ちているということではないか

 

太陽を割ってアマテラスを出せば、殺菌能力が戻るのかな

アマテラスを出すことができたら、コロナの終息につながるかな???
などという妄想が、ぽろりとむーさんの中で広がっています。




以下、半分妄想として読んでください。 

~~~~~~~~~

地球を守るため、重要な世界の土地に、宇宙神達は降り立った

その地域のシャーマンがそれを感じて、太陽神にした

世界中で太陽信仰が始まった


日本にも宇宙神が降り立った

アマテラスと呼ばれ、隠し神となった

 

隠した

そこには、

太陽の光を集めるという目的があった

火を起こし、水を温めるなどすべてに通じる

太陽のキラキラで、水の中にある鉱物もわかる

 

太陽の光を人間の命をつないでいく

太陽の光が必要だった


結果、稲作作物も広まった

→お金、経済の流通につながった

 

人の命をつなぐため、子孫につながっていくために太陽の光は必要不可欠であった。

太陽の光は、人間の生活のために使う

 

それが流通や経済の発展につながって、
元の目的から少し方向がずれて、今はお金のためになってしまった。

豊かさの定義が物質に偏ってしまった

 

人間に影響を与えて

いいものをくれるのが月と太陽だったから

目に見える太陽を象徴にした


月と言えば、

月をつかさどる神は 

月読命(つきよみのみこと)

つきよみのみことは幽世(かくりよ)を治めている


幽世の先人の智慧を、

生きている人間に

「ひらめき」という形で伝える

それを形にするのが 

太陽神が治める人間世界

 

太陽のもとで管理されている人間と

月のもとで管理されている幽世の先人たちが

一体になって「ものつくり」をする

 

それが必要不可欠だった
昔はそれができた

 先人の声を感じることができたから


今は太陽の下で出来上がったものを見て、作る

これをすれば売れる、稼げる、という物質世界の思考で生きているから

名声と権威にとらわれたので、月のことは忘れられている
バランスが崩れている

 

たまに、月のことをキャッチした人が、

伝統を受け継いだりする

外国の人が日本文化を受け継いで、紙すき職人になったりしてる


名声とか権威とかに興味がない、

純粋な人間に、幽世の先人たちが手を貸すのだ
先人からすると、日本人とか、外国人とかの区別はないから


人間だから

 

 

なぜに元伊勢にアマテラスがいなかったのか

なぜ、ぽろり自体が元伊勢巡りにあまり心が動かなかったのか
元伊勢って、どんな意味があるのだろう。


 





※ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただければ嬉しいです。


チャネリング ブログランキングへ


このブログは、ぽろりの不思議な世界を描いています。 正しいとか、間違っているとかではなく、 ファンタジーなお話だと思って読んでいただければありがたいです 。  
mixiチェック

チャネリングについてですが、ぽろりは普段、自分の体を明け渡すこと(いわゆる、イタコのようにトランス状態になること)はありません。

神様(と呼ばれている)エネルギー(波動)を右脳で受け取り、それを左脳で言語化するので、
古い言い方(われ、そなた)になる時もあれば、現代語(私、あなた)になる時もあります。
私たちにわかりやすい言葉に変換していますが、そこに自我はありませんので、
しゃべった後、自分が話した内容を覚えていないことがよくあります。
なので、私むーさんが録音したりメモったりしています。

奈良の元伊勢ツアーから帰ってきて、ぽろりはアマテラス意識のエネルーギーにロックオンされていたので、アウトプットしてもらいました。



2020.3.29

私は宇宙神である

金波銀波の波を超え 
こうやって参ることもできましたが

それはあなたの呼びかけがとても強かったため

あなたのラインを通ってここまで出てくることができますが

それでも私はほんの一部にすぎません。

私はもともと宇宙神である

人の子は私を太陽、太陽神、日の神だと言っておるが

人間が宇宙神であったわれを太陽に閉じ込めたのだ

それが 「天岩戸」であって、
鏡を使って出されたということは、

自分は鏡の中に封じられておる

それを割ってくれる者と遭遇した

時は満ちた

われは宇宙神にもどる

 

ぽろりの解説:

金波銀波というのは宇宙の波動

波動を潜り抜けて地球に降りたけれど

人間にロックオンされて

どういう風に扱おうかということで、人の子が天岩戸に封じ込めた

これは太陽をつかさどる神ということにして

太陽は人間にとって、作物にとって必要なものであるから

太陽神として作物の神にすると皆があがめるし、宮も立てやすいから

太陽信仰に上手に変換することも含めて「役割」を付けられた

 

われらのエネルギーが逃げないように、
鏡に封じ込められておる

今は太陽に封じ込められているといっても間違いではない

 

ので、われを祀ってある神社に「あまてらす」という名が載ってあろうけれども
そこにわれはいません

 

われは太陽の中にいて 出ることかなわず

もう、それを抜けたい

太陽から抜けてもともとの宇宙神に戻りとうございます

 

どうか手をお貸しください



☆彡☆彡☆彡

太陽はコロナだよね。。。




つづく


20200323_110425



※ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただければ嬉しいです。


チャネリング ブログランキングへ


このブログは、ぽろりの不思議な世界を描いています。 正しいとか、間違っているとかではなく、 ファンタジーなお話だと思って読んでいただければありがたいです 。 
mixiチェック

↑このページのトップヘ