ぽろり、よくぞ参られた御礼を申します。
共に水の神々をお連れいただきましたことを感謝申し上げます
 
昇る力がこの土地にはある
例えば高潮
波が上がる力
雨が降って
水たまりから水蒸気になって雲になる
天に昇る力
 
大地から芽が出て
木が上に昇ろうとする力
この大地全体には
昇ろうと 立とうとする力がとても強くありますよ
 
それを
ぽろりも同様に
人々が昇ろうとする
又は立ち上がろうとする
又は成長するという
人の心をきちんとわかってあげてください

(暑くてぽろりに集中力がなく、少しぽろりの思考が入りました)
 

水は広がるものではなく
立とうとする力を持つものであります。
この水のおかげで
人もこの地に立つことができているのだと思います。
 
人の中の水を
今一度浄化をし、
そしてこの境内に立っている木に渡し
木と循環をさせる
木の根元にある水と
人間の体の中にある水とを循環させるがよい
 
そうすることによって人間も木のように成長し
成長する時間はそれぞれゆっくりであるが
かならずや上に上に昇っていくものである
 
それを我らは、天からしゅっと
ひきあげております
 
まずそれぞれの人が立ち上がろうと思い
上を、天を仰ぐことによって、
我らは
「あ、この子だな!」と目星をつけて
ひきあげるものであるぞ
 
下ばかり向くのではないぞ
上を見ながら歩くがよいぞ
 
そして大きな木、小さな木、
大小にかかわらず木があれば
必ず自分の中の水と
水の循環をするがよいぞ
 
 
元鹿島(大生神社)の水の神様のお使いを
無事済ませることができました。

立ち上がろうとする熱い思いは、必ず神様が見ていらっしゃるので、
諦めずに前を向いて歩いて行きなさい。
というふうに、私は解釈しました。

 20180606_141532

20180606_143816

20180606_143823

20180606_143854

20180606_143917

 
2100年以上の歴史を持つ白山神社の総本宮
 SmartSelect_20180609-161459_Maps

白山は最高峰の御前峰を中心に大汝峰、別山などの峰が集まり
石川、福井、岐阜、富山の4県にまたがっている霊峰です。
もともと山は神の聖域として仰ぎ見る存在でしたが、
6世紀に大陸から仏教が伝わると、山の霊気に触れ、
超人的な力を身に付けようとする修行の場として開拓されていきました。
修行のために白山に登る僧たちが開拓していきました。

詳しくは、こちらをご覧ください
 
白山比咩神社ホームページ



※ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただければ嬉しいです。


チャネリング ブログランキングへ


このブログは、ぽろりの不思議な世界を描いています。 正しいとか、間違っているとかではなく、 ファンタジーなお話だと思って読んでいただければありがたいです