一日目は、移動日ということもあり2ヶ所で、温泉宿に。

美榛苑 で泊まりました。


トゥるんトゥるんのお湯でしっとり。
ご飯も美味しく、皆が面白すぎて写真はこれしかなかった↓

20240312_182215


「晴れて当然!」というぽろりでしたが、二日目の朝は曇り空。


ぽろり:まあね~。この辺りの龍は雨乞いの役割だから、降らすのが仕事だしなぁ

それでも、一生懸命我慢してくれてるんですよね。
お漏らしも、たまにあったけど(笑)




龍神と言えば豊玉姫とのご縁で、海神社に詣でました。


海のない奈良県なのになんで海神社?


20240313_092447



20240313_092737



20240313_093139



ぽろり: ぷぷっ!



むーさん: なに?なに?



ぽ:本殿の扉から、誰かが覗いとるんよ。

あんた~、やっぱり来とったんか!





皆さんは、もうお気づきでしょうか?


旅の仲間と言えば、

あの方をすっかり忘れておりました

ら。。。






やあ✋



先にきて、ここで休憩しとったで






本殿の中から出てきたのは




お約束の 山の神


20220110_153338



む:いつの間に?


ぽ:ゆうべ、カメムシが部屋に出現したやろ?季節外れなのにおかしいなとおもってたけど、あえてチャンネル合わさなかった。
どうやら、カメムシに乗ってきたみたい。驚かそうと主張してたんやな😃



む:登場の仕方が、ウケる(≧▽≦)



20240313_095811

ここ海神社は、豊玉姫をお祭りしているようですが、豊玉=玉のエネルギー=海人族の証 をここに埋めて、
海人たちが、山への生活に切り替えた場所のようです。


昨年末に訪れた 千葉の神洗神社もそうでしたね。

一泊ワークの翌日の神様ごっこの話


海と山は切っても切れないもの。
山で木を育てて、船にするのです。

摂社には、紀の国神社があり、熊野の神様が祀られていました。

20240313_093308


ここでも歌ったり踊ったりしたのですが、
先人さま達は、どうも違うものをご所望の様子。


我らは光となりておるが、これからも、この地を守り、民と共に生きていきたい。

我らが生きておった頃とは、すっかり様子も変わっておるが、民達はどのような生活をしておるのか?
今、この時代の、民達のことをもっと知りたい。


とのこと。


というわけで、一人一人が、手を合わせて心の中で、自分の現状を伝えました。


先人さま達も、アップデートしたかったようです。


私は、
「西と東を行ったりきたりしているので、なんでも運びますよ。
なにかご用がありましたら、私にもわかるようにご用命ください。」
と伝えました。




※ぽろりの個人セッションは、こちらで承ります。

個人セッション




※ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただければ嬉しいです。


チャネリング ブログランキングへ


このブログは、ぽろりの不思議な世界を描いています。 正しいとか、間違っているとかではなく、 ファンタジーなお話だと思って読んでいただければありがたいです